予防が大切です|健康的に栄養を摂取できるクリニコの魅力とは
笑顔の女性

健康的に栄養を摂取できるクリニコの魅力とは

予防が大切です

男性

痛風とは、体の中に尿酸が溜まり結晶化することで、激しい関節痛を引き起こす病気です。痛風は、その名の通り風が吹くだけで激痛がし、一度発症すると完治するのが難しいので、予防することが大切です。痛風になる原因として暴飲暴食や運動不足、そして精神的ストレスがあげられます。痛風が発症する前段階として高尿酸血症があり、尿酸値が7.0mg/dl以上だと注意が必要です。尿酸値は血液検査で簡単に調べることができるので、定期的な検査が大切です。痛風にならないようにするには、食事の内容を改善するのが1番効果的です。尿酸はプリン体がもとになるので、プリン体の少ない食事にします。プリン体はレバーや白子そしてエビなどに多く含まれています。

肉類や魚介類に多く含まれているプリン体ですが、水に溶けだしやすいという性質も持っています。なので食事に出すときは生は控えて、茹でたり煮たりしてプリン体を減らすことができます。ただ、鍋物やすき焼きなどにしたとき、プリン体が染み出ている煮汁を飲まないようにします。また、鍋のシメとして煮汁を利用した雑炊や麺類は美味しいですが、プリン体に気を付けるならば食べるのを控えます。ビールにもプリン体が含まれていますが、今はプリン体を含まないものもあります。ただ、アルコールは尿酸の排出を低下させる働きがあるので、飲み過ぎには気を付けます。痛風を和らげるためには、野菜や海藻、大豆などを多くとれるような食事にすることが大切です。また、尿酸を体外に排出しやすいように多くの水を飲むようにします。1日2リットル以上の水を飲むのが理想です。水が飲みにくい場合はお茶でもいいですが、糖分が含まれているジュースなどは控えます。