介護

健康的に栄養を摂取できるクリニコの魅力とは

予防が大切です

男性

体の中に尿酸が溜まり結晶化したときに、激しい関節痛を引き起こす病気を痛風といいます。尿酸はプリン体がもとになるので、プリン体が多いレバーやエビなどは控えます。食事は野菜や海藻または大豆などを多くして、水を1日2リットル以上飲むことが大切です。

もっと詳しく

介護食作りをサポート

食事

食べ物が飲み込めなくなる

食事は体を維持する栄養を摂るのに必要なだけではなく、生活に楽しみをもたらすものでもあります。しかし高齢になって噛む力が衰えてくると野菜など繊維のあるものや肉などが噛めなくなってきます。食べられるものが減ることで、食事が楽しくなくなったり、お菓子など柔らかいものを中心に食べるようになると栄養が偏ってきて体が弱ったり病気になる原因になります。高齢者の食事を作る時には柔らかく飲み込みやすいように調理するなど、特別な配慮が必要になります。食材をすりつぶして食べやすくしたり、とろみをつけることで飲み込みやすくすることができます。また食が細くなるため少量でも必要な栄養を摂れるように考えなくてはいけません。食材選びも大切です。

食べやすく栄養も

通常の家族の食事の他に介護食を作るのはかなり負担がかかります。ストレスなく長く介護を続けるためには様々な工夫が必要となってきます。介護食作りの負担を減らしてくれるのがクリニコの製品です。介護食は歯がなくても食べられるように柔らかく炊いたご飯と中華丼やハヤシライスなどのソースがセットになっていて、そのまま温めれば食べられるようになっています。クリニコには飲み物などに入れると簡単にとろみをつけられるとろみ調整食品もあります。飲み込む時にむせるのを防ぐことが出来るので、高齢者も介護している人も安心です。また栄養不足を補うための栄養補助食品もあります。ゼリーや飲料で不足しがちな栄養を補えるので、食が細くなったり認知症で余り食べたがらない高齢者に向いています。クリニコにはその他にも糖尿病ケア食品やビフィズス菌を摂れる食品などもあり、クリニコの製品を取り入れると介護の負担を減らせます。

食べることから改善しよう

男女

高血圧の治療法には食事療法が挙げられます。血圧を下げるためには、塩分が少ない食事を中心に摂取する必要があります。また、コレステロール値を抑えるためにもカロリーの摂取を抑えることが大切になるでしょう。

もっと詳しく

制限されても楽しい食事を

男女

制限が厳しい腎臓病食は、宅配サービスを利用すれば、作る側も食べる側も楽になります。いくつかの会社を上手く使い分け、飽きにくく工夫してみましょう。ただし、食べ過ぎや他の食べ物をプラスするのは、なるべく控えてください。

もっと詳しく